スシローのバイト情報☆検索サイト

Home > スシローのバイト情報 > スシローの面接や履歴書について

スシローの面接や履歴書について

 現在日本に数多く存在しているアルバイトの中の一つに、スシローがあります。
全国展開しているチェーン店であり、規模も大きいので安心して働くことができるというメリットもあります。
人手を求めている店舗も多く、採用されやすいというのも良い点ですが、求人があるからと言って誰もが採用となる訳ではないということも、頭においておかなくてはなりません。
採用かどうかを左右するポイントとなるのは、やはり面接ではないでしょうか。
スシローは寿司店ということもあり、衛生面にはかなり厳しくなっています。
面接時にも身だしなみには十分気をつけるようにし、髪型や服装でマイナスのイメージを与えてしまわないように気をつけなくてはなりません。
清潔感がある身だしなみを心がけるようにしておきましょう。

 一般的な面接時には、履歴書を持参する必要がありますが、スシローでは履歴書を持っていく必要がないというのも特徴の一つではないでしょうか。
スシローでの面接の際には、スシロー専用の履歴書を渡さ、それに必要事項を記入していくことになります。
氏名や生年月日、住所といった基本的な情報や、志望動機やシフトの希望も記入することになります。
履歴書が不要だからと、何も考えずに面接に行ってしまうと、その場で何を書いたら良いか志望動機などで頭を悩ませてしまうことになるので、十分気をつけておくようにしましょう。
履歴書は不要とは言っても、履歴書に普段貼り付けるような顔写真は持ってくるように言われるので、それは忘れないようにしておきましょう。
筆記用具も持参していくのが最低限のマナーです。

 面接前には対策として、質問に対する受け答えをシミュレーションしておくことも大切です。
なぜスシローでアルバイトをしようと考えたのかや、自分の得意なことや短所など、一般的な面接でも聞かれるようなことが多いので、それほど頭をひねる必要はありません。
どの程度シフトに入れるのかというのは、雇う側からするとかなり気になるポイントであり、少しでも融通がきく人が良いと考えて優先的に採用となっていくことは確かです。
しかし採用されたいからといって、本当は入ることができない日時に入れるというのは、マナー違反です。
入ることができない日時がある場合には、あらかじめ面接でわかりやすく伝えておくようにしましょう。
スシローはアルバイトがしやすい環境なので、働いてみる価値は大いにあると言えるのではないでしょうか。

次の記事へ

カテゴリー